The Association for Promotion of Public Local Information and Communication

ご挨拶

ご挨拶

   この度、一般財団法人全国地域情報化推進協会の理事会において、理事各位のご推挙により、理事長に就任しました。

   当協会は、地域情報化を推進するために必要な調査・研究、情報の収集・提供、人材の養成等を行い、地域における情報通信の高度化及び地域情報化の健全な発展に寄与することを目的に活動をしており、その一環として、地方公共団体の情報システムの抜本的改革や住民サービスの向上を実現するための公共サービス連携基盤の標準仕様(地域情報プラットフォーム)の策定・普及を推進しております。

   総務省の調査では、すでに87%にも及ぶ地方公共団体で地域情報プラットフォーム標準仕様に基づくシステム整備が行われていることが発表されており、その分野は、住民基本台帳、個人住民税、国民健康保険等の法定26業務のほか、防災情報や学校教育などの公共アプリケーションまで幅広い分野をカバーしております。

   また、社会保障・税番号制度による相互連携の開始や官民データ活用推進基本法の公布・施行とも相まって、地域情報プラットフォームは社会全体の連携基盤として、ますますその活用が期待されているところです。

   今後、当協会では、クラウドサービスの活用に向けたルール作りや地域IoTの実装に向けた優良事例の横展開など、ICTによる地域イノベーションの促進に向けた取り組みを行うとともに、地域情報化を推進するための人材育成等、様々な活動支援を展開してまいります。

   今後とも、総務省をはじめとした国の機関、地方公共団体、APPLIC会員企業の皆さま等と連携して、地域情報化の拡大と推進に向けて役員・職員一丸となって取り組んでまいりますので、引き続き皆様のご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成30年6月
一般財団法人全国地域情報化推進協会
理事長  利根川 一 

事業内容

会員ログイン

事業内容

PAGETOP